Skip to end of metadata
Go to start of metadata

オリジナル: Terminology

Jenkinsで使用される用語

用語

説明

上流プロジェクト

プロジェクトには1つ以上の上流プロジェクトを設定できます。そして、上流プロジェクトのビルドが成功するか否かによって、当該プロジェクトがスケジュールされます。もし、上流プロジェクトが成功すれば、当該プロジェクトはビルドキューに追加されます。もし失敗すれば、ビルドキューには追加されません。

下流プロジェクト

プロジェクトには1つ以上の下流プロジェクトを設定することができます。プロジェクトのビルドが成功した場合、下流プロジェクトはビルドキューに追加されます。(デフォルトではオフですが)プロジェクトが不安定でも、下流プロジェクトをビルドキューに追加するように設定することも可能です。

安定ビルド

ビルドが成功し、パブリッシャーが不安定と報告しない場合のビルドを安定ビルドといいます。

不安定ビルド

ビルドは成功したが、いくつかのパブリッシャーが不安定と報告した場合のビルドを不安定ビルドといいます。例えば、Junitのテスト結果の集計が設定されていて、テストが失敗した場合には、そのビルドは成功から不安定になります。

(不)安定プロジェクト

最新の(処理が完了した)ビルドが(不)安定であれば、そのプロジェクトは(不)安定しているという扱いになります。

成功ビルド

コンパイルでエラーが発生しなかったビルド。

失敗ビルド

失敗したビルド。

スレーブ

スレーブは、マスターでのプロジェクトのビルドのために用意されたコンピューターのこと。Jenkinsは"slave agent"よ呼ばれる別のプロフラムをスレーブ上で起動します。スレーブがマスターに登録されると、マスターは処理をスレーブに渡します。

パブリッシャー

パブリッシャーは、たとえばJUnit testの実行のようなものとは違い、ビルドプロセスの一部です。パブリッシャーは、その過程の結果に基づいて、安定 もしくは 不安定という結果をレポートします。たとえば、JUnit testが失敗したら、JUnit パブリッシャーは、ビルド結果を不安定だと報告します。

完了ビルド

失敗ビルドも含め、どんな結果でも、開始され終了まで至れば、ビルドは完了扱いになります。

  • No labels