Skip to end of metadata
Go to start of metadata

オリジナル: Quicker navigation around Hudson pages

検索ボックスの使用

何回もクリックしなくても、目的の画面を素早く表示する検索ボックスが、Hudsonのすべての画面の先頭の右側にあります。

例えば、"foo #53 console"と入力すれば、"foo"ジョブのビルド #53のコンソール出力画面が表示されます。もしくは、"XYZ"というビューがあれば、"XYZ"と入力すればそのビューを表示します。検索ボックスには入力自動補完機能があります。

検索ボックスは、操作状況にあわせて検索を行います。fooジョブのどこかの画面を表示している場合(たぶん、たぶん他のビルドをみている)、"foo #53 console"と入力する代わりに"#53 console"と入力するだけでも可能です。foo #53のどこかの画面を表示している場合(たぶん、テスト結果をみているのかもしれません)、"console"とだけ入力すれば、同じ画面(foo #53のコンソール出力)を表示します。

OpenSearchのサポート

検索ボックスの機能は、OpenSearchでブラウザに公開されているので、 この検索と入力自動補完機能をあなたのブラウザの検索ボックスに組み込むことができます。組み込むことで、Hudsonのある画面を表示する際のオーバーヘッドを削減します。

ご意見募集中

検索時の単語と表示する画面との関連づけについては、改善の余地があります。ご意見をお待ちしています。

  • No labels