Skip to end of metadata
Go to start of metadata

オリジナル: Quick and Simple Security

多くのHudsonのユーザーは、次のようにWinstoneから直接Hudsonを起動します。

$ java -jar hudson.war

This page describes steps to quickly setup a single administrative account. If you use Hudson without logging into the administrative account, Hudson will be read only and you cannot change Hudson's configuration or force a build. However, you can download builds, see the build results, and examine the logs. If you log into the administrative account, you may adjust Hudson's configuration and force builds.

For users who execute Hudson through Tomcat or some other J2EE servlet container, or for users who need more complex security arrangements, please see the ~sogabe:Standard Security Setup directions #below.

  1. 通常通りHudsonを起動しますが、起動時に2つのパラメータを追加します。

    $ java -jar hudson.war --argumentsRealm.passwd.user=password --argumentsRealm.roles.user=admin

    user は管理者のユーザー名、password はそのパスワードです。 両方のパラメータに1つ、ユーザーを2回指定することに注意してください。

    例えば、管理者としてユーザー名 hudson 、パスワード swordfish を使用するとします。

    $ java -jar hudson --argumentsRealm.passwd.hudson=swordfish --argumentsRealm.roles.hudson=admin

    arguments は複数形であることに気をつけてください。
  2. セキュリティを有効化します。Hudsonのシステム設定画面の セキュリティを有効化 を選択し、ユーザー情報の サーブレットコンテナの認証を使用 と権限管理の 互換性モード を選択します。
  3. Hudson にログインするには、http://yourhost/hudson/loginEntry を選択するか、ダッシュボード画面の右上にある ログイン リンクをクリックします。
  4. ログイン画面が表示されます。ユーザー名とパスワードを入力して、 ログイン ボタンをクリックすると、メイン画面のダッシュボート画面に戻ります。そうすると、画面の左側に Hudsonの管理 リンクが表示されます。
  5. ログアウトするには、右上の ログアウト リンクをクリックしてください。

セキュリティを有効にして開発者にビルドの実行を行わせるには

この 素早く簡単なセキュリティ では、Hudsonのセキュリティはすべてできるか何もできないのいずれかです。セキュリティを有効にしなければ、だれもプロジェクトを作成、変更、削除でさえできません。セキュリティを有効にすれば、管理者だけがプロジェクトを変更できますが、開発者はビルドすることができなくなります。さいわい、開発者にHudson自身の変更を許さずにビルドの実行のみ許可できる方法があります。

  1. Hudsonにログインします。
  2. ダッシュボート画面で、開発者がビルドできるようにしたいジョブをクリックします。
  3. 画面の左側にある 設定 リンクをクリックします。
  4. ビルド・トリガ セクションで、Trigger builds remotely (e.g., from scripts) を選択します。
  5. Authentication Token が表示されます。ビルドの実行に必要な文字列を入力します。下の例では、build を入力しています。
  6. スクリプトか、ウェブサーバーを持っているなら、ビルドを実行するページを作成します。ビルドするURLの形式は以下の通りです。

    http:\//hudsonHost/job/project/build?token=token

    ここで、
  • hudsonHost は、HudsonサーバーのURLです (例: hudson:8080)。
  • project は、ジョブかプロジェクトの名前です。
  • token は、Authentication Token に入力した文字列です。

ウェブサーバーを持っているなら、上記のURLを含むページを作成します。例えば以下のように。

<h1>Hudson Force Build Page</h1>
<ul>
    <li>
    <a href="http://hudson:8080/job/FOO/build?token=build">HudsonのプロジェクトFOOのビルドを実行</a>
    </li>
</ul>

上記のコードは、hudson というサーバーのポート番号8080を使用し、プロジェクトFOOをビルドします。Authentication Token に入力した文字列は build です。

シェルスクリプトを使うには

wget コマンドやcurl コマンドで上記のURLを指定することでも、ビルドを実行できます。

  • No labels

3 Comments

  1. Anonymous

    When you can feel the things you,coach shoes want to feel able to say what you feel when this is a very happy time.

  2. Anonymous

    cheap jordans  Nothing can make me so crazy

  3. Anonymous

    A beautiful day began, the purpose for it! coach store