Skip to end of metadata
Go to start of metadata

オリジナル: Installing Jenkins

Table of Contents

UnixやLinuxでのインストール

Jenkins has native integrations with the following OSes. See respective sections for how to make Jenkins run in the background automatically:
下記のOSについては、Jenkinsはネイティブ環境に統合された形でも提供されています。Jenkinsをバックグラウンドで自動的に起動させる方法については、各セクションを参考にして下さい。

もう1つの方法として、GlassFish、Tocat 5, JBoss, Jetty 6などのようなServlet 2.4/JSP 2.0以降をサポートするサーブレットコンテナがあるなら、他のWARファイルのようにJenkinsのWARファイルをデプロイすることもできます。この方法を使用するのであれば、コンテナごとの設定を参考にしてください。

Windowsでのインストール

Windowsで起動するなら、ログインしなくても自動的に起動するようにJenkinsをサービスとして起動したいと思うでしょう。一番簡単な方法は、Tomcatをサービスとしてインストールして、Jenkinsをデプロイすることです。もう1つの方法は、JenkinsをWindowsのサービスとしてインストール を参考にして下さい。

JenkinsはUnixベースのプラットフォームでの動作向けに書かれているため、Unix用ユーティリティが存在することを前提としている箇所もいくつかあります。この場合は、Windows上にも同様にインストールしておくことをお勧めします。UnxUtils をインストールし、Windowsの PATH を通しておき、sh.exeC:\bin\sh.exe もしくはいつも使っているドライブにコピーし、きちんと動作するか確認してみて下さい。(このツールには、スラッシュとバックスラッシュを適切に処理してくれます) こうしておくと、Windows上でも、だいたいうまくいくでしょう。

ケーススタディ

Also, see how other people are deploying Jenkins to get some idea of how to make it fit your environment.

  • No labels

1 Comment

  1. Anonymous

    Truth is God and God is truth. christian louboutin