Skip to end of metadata
Go to start of metadata

オリジナル: Disable security

Jenkinsを2度と再設定できないような方法で、うっかりユーザー情報や権限管理を設定してしまうことがあります。

そんなときは、次のような手順で直すことができます。

  1. Jenkinsを停止する。(一番簡単なのはサーブレットコンテナを落とすことです)
  2. ファイルシステムの $Jenkins_HOME で、config.xml ファイルを探す。
  3. エディタでこのファイルを開く。
  4. このファイルの <useSecurity>true</useSecurity> という要素を探す。
  5. truefalse に変更する。
  6. Jenkinsを起動する。

Jenkinsが元に戻ったら、誰でもシステムに何でもできるアンセキュアな状態に成っています。

最新版では上記に加えて、authorizationStrategy, securityRealmの修正も必要です。以下のように修正してください。

<useSecurity>false</useSecurity>
<authorizationStrategy class="hudson.security.AuthorizationStrategy$Unsecured"/>
<securityRealm class="hudson.security.SecurityRealm$None"/>
  • No labels